マイクロフォーサーズ の魅力

マイクロフォーサーズ の魅力

マイクロフォーサーズのカメラを使うようになって早10年になります。今までAPS-Cやフルサイズ機も使ってきましたが、総合的にみると一番出番が多いです。マイクロフォーサーズの話となると、すぐにフルサイズよりノイズが…全然ボケない…などというフルサイズ vs マイクロフォーサーズの議論になりますよね…

確かにそれは事実です。ノイズに強く、特にボケを使った表現となると…フルサイズには勝てません。失敗写真も少ないと思います。ただ、僕の中でフルサイズ、APS-Cよりもマイクロフォーサーズの出番が多いという事実があります。
20万越えのフルサイズ機を買っておきながら、自分でもなんでこうなのかな?とつくづく思います。

思えば…初めて使ったマイクロフォーサーズ機はPanasonicのGF-1で、当時はコンデジの画素数が1000万画素を超え始め、どの機種も画質が急激に悪くなり始めてました。画素数って多けりゃいいってものではないんですけどね…
僕の使っているコンデジも画質が悪く悩んでいたところ、職場の同僚がカメラを買い替えるので譲ってくれることになりました。確かボディーと電子ファインダーのセットで1万円という破格です。今思うとかなりの太っ腹だったような…

使い始めた頃は画質の良さに衝撃を受けました。よくお気に入りの写真をプリントしているのですが、少し大きめの2Lサイズで現像していることもあって、コンデジとの画質の差は一目瞭然でした。

最近はコンデジよりもスマホや携帯で撮影する方が多いと思いますが、写真を大きめにプリントしたい方は、マイクロフォーサーズのカメラをお勧めします。室内や木陰などの暗い場所での仕上がりが断然違います。
僕も綺麗な写真が撮れることが嬉しくて、いろいろなところに行くようになりました。山登り、泊りがけのハイキングなんかも行きました。(一人で(^^;)

この長時間持ち歩けるというのもマイクロフォーサーズの魅力で、個人的にはこれが一番のメリットかと思います。
撮影旅行にフルサイズ機やAPS-Cも持って行ったことがありますが、これが…本当に疲れます(おっさんだし(^^;)
これは体験しないとわからないと思いますが、例えば、僕の場合フルサイズ機を持ち出す際はボディ・レンズ群で3Kg弱に収めるようにしています。
出かけるときは「重いものを持って行くからこそ楽しいのだ!」などと思っていましたが、長時間歩いている間にこの3Kg弱という微妙な重さが…じわじわと襲い掛かります。まさに「フルサイズ・ボディーブロー」です(^^;

それにこの重さ、カメラだけの重さです。他に水・食料などを持ち歩くことを考えると結構な重さになります。
御岳三山に行ったときも全てのルートを回れず途中で下山しました。後日マイクロフォーサーズ装備で回りきったのですが、重くて目的地にたどり着けないというのは、ただ…後悔と空しさだけが残ります(^^;

マイクロフォーサーズだとボディ、広角、標準、望遠ズームと単焦点。全部で1071g!

他にマイクロフォーサーズの利点として、「あまり絞る必要がない」という点です。逆に言えばボケにくいということですが、広角で撮る風景写真はボケると困るため、大きなメリットとなります。
さらに絞らないということは感度が上がりにくいということにつながり、マイクロフォーサーズの弱点である高感度の弱さも克服できます。

今まで使ってきた感覚だと、風景写真はF5.6まで絞ればパンフォーカス(手前から遠景までピントが合った状態)が得られるので、感度が上がってもせいぜいISO400ほどをキープできています。
暗い場所ではISO800ほどまで上がることがありますが、ISO1000越えになるようだとシャッタースピードを下げることも考えます。

シャッタースピードを下げると今度は手ブレが気になりますが、最近のマイクロフォーサーズ機は手ブレ補正が優秀で、Olympusはお家芸ともいわれる「ボディ内手振れ補正」を内蔵しています。僕の使っているE-M10は3軸の手振れ補正を内蔵していて、1/4や1/3秒でも余裕でシャッターが切れます。この機種にしてから手ブレによる失敗写真はほぼなくなりました。
上位機種だとさらに強力な5軸の手振れ補正を積んでいたり、ボディ内とレンズ内の手振れ補正を同期させる機能までついています。
手ブレ補正機能が恐ろしく優秀な点もマイクロフォーサーズの利点です。

ここまでべた褒めしていますが、実際に僕の用途ではマイクロフォーサーズに対する不満はありません。
というより、うまく克服してくれました。初めて手にしたPanasonicのGF1はそもそもボディ内に手振れ補正がなく、感度もISO400からノイズが出始めるという不便なものでした。
そのため一時は他のシステムに乗り換えたのですが、大きい・かさばるというデメリットは予想以上のものでした。
現在持ち出す場面としては、動くものを撮ったり夜間などの極端に暗い場面での撮影です。

ここまでマイクロフォーサーズばかりをべた褒めしてきましたが、フルサイズやAPS-Cも良いところはあります。
特にフルサイズはISO6400でもノイズが目立たないという高感度の強さがあったり、APS-Cは比較的コンパクトな望遠レンズで野鳥撮影や航空ショーで活躍していたり…とそれぞれの利点があります。それに僕の中では新緑や夏に撮れるPentaxの写真も好きです。Pentaxでしか撮れない色というものがあり、僕が購入したきっかけもこの色に魅了されたからです。

Pentax K-30で撮影した一枚。この色ってなぜかPentaxでしか出ないんだよなぁ…

他のシステムも色々使った中、マイクロフォーサーズがコンパクトで手ブレに強いため、特に僕の用途と合っていただけに過ぎません。
また、Olympus、Panasonicの共同開発で始まった規格のため、新しいレンズが続々発売されたことも魅力でした。

要するに…巷でよく見るフルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズのどれが最強かという議論はあまり意味がないのでは?と思っています。写真よりも「カメラ」という機材が好きな方々なのかもしれません。
それぞれのメリットを最大限に生かした写真が撮って楽しむ。これが一番よいのではないでしょうか。

花火撮影に挑戦しよう – マイクロフォーサーズ
千葉市 昭和の森 マイクロフォーサーズ で行く公園巡り
千葉市 泉自然公園 マイクロフォーサーズ で行く公園巡り
花火 撮影に挑戦しよう -マイクロフォーサーズ-
印西市 結縁寺 マイクロフォーサーズ で行く寺巡り

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

ABOUTこの記事をかいた人

ブラック企業に振り回されること20年…転職4回。 父が倒れたのをきっかけに、自分も「無理して生きるのはやめよう…」と決め、退職。 現在はマイペースで働く40代前半のおっさんです(^^;